規格看板の作成を業者に頼もう|メリットが満載

多分野で利用される製品

アルミキャスト

古くからある優れた手法

アルミキャストはアルミ合金を融点以上の温度にすることで液状化させ、それを砂型と呼ばれる型に流し込み冷やして固めた製品です。特徴として形状が金型に依存されるため、特殊な設備は必要なく金型さえできれば複雑で大きな製品も容易に製作できることにあります。この材料となるアルミニウムの比重は鉄の1/3と軽量のため古くから自動車の軽量化にも用いられています。鉄と同様に熱伝導率が高いことも特徴で、その軽量化を生かした調理用フライパンや放熱を目的としたヒートシンクにも使われています。またビルの装飾や歩道のアーチなどデザインの多様性も多く公園の柵のように古くから身近なものとしてアルミキャストは親しまれています。他に同じ型を用いた手法としてアルミダイカストがあります。これは高温で溶かしたアルミ合金に圧力を加えることで製品を早く大量に作ることが可能なもので一度セットしてしまえば自動で製品を作ることができます。しかし金型を搭載する機械によりサイズは限定され金型自体も高価になります。そのためアルミダイカストは大量生産向きで量産性が無い場合は初期投資が回収できなくなる場合があります。それに対してアルミキャストの砂型はアルミダイカストの金型に比べると安価であることから多品種、少量生産に向いています。最近ではコストダウンなどで樹脂部品で代替えする動きも多くなっていますが、強度が弱いことや温度変化による変形などがあり、過酷な環境下に強いアルミキャストは多く使われています。